働きやすい現場づくり

看護師が医療機関で働きたいと考える場合には病院か診療所を選ぶことができます。看護系の学校に通っていると病院勤務に憧れる人が多く、その選択をしがちなのが一般的な傾向です。看護師の働く現場として花形というイメージがあることに加え、多くのテレビドラマや小説などで取り上げられることが多い臨床現場であることから、多くの看護師が憧れるのも必然とも言えるでしょう。その結果として、新卒の求人募集において人気が高く、現場には新人が大勢入社してくるのが一般的となっています。ところが、実情として夜勤を代表とする不規則な労働時間や残業の多さなど、体力的にも時間的にも負担が大きな現場であることから、仕事を続けていくことに負担を感じる人も少なくありません。そのため、結婚などのライフイベントを契機にして職を変えたり、辞めてしまったりする人も散見されるのが実情となっています。こういった状況から、看護師の労働の負担を軽減させようという動きもあり、夜勤を減らしたり、人員確保をして仕事量を減らしたりする傾向もあるのが実際の状況です。そういった影響を受けて、ライフイベントで仕事を辞めてしまった人が職場に復帰することを選ぶ傾向も生まれてきており、慢性的な人材不足が嘆かれている看護師業界も状況が改善しつつあります。人気がありながらも職を離れてしまう人が多いという病院の特殊な状況も、労働条件の改善によって徐々に変わってきているのです。病院で働きやすい環境が整えば、潜在看護師が求人に殺到することが期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です